佐伯チズの3分間美容法「ローションパック」を成功させる3つの注意点

佐伯チズの3分間美容法「ローションパック」を成功させる3つの注意点

夫の死で1年間ひきこもり 廃人同然…43歳で顔中の皮膚が垂れ下がり、見た目は老婆になったのに家でできる3分間の美容法で一流モデルも憧れる美肌に若返った67歳の有名人魔女」(佐伯チズさん 67歳)

佐伯チズさん。

美肌のプロとして有名です。

佐伯チズさんは最愛の夫を肺ガンで亡くしてから生きる希望をなくし、家にひきこもり、廃人のような生活を1年ほど送っていたそうです。

また、夫を失った精神的ショックで生理が止まり、ホルモンバランスが崩れてしまいました。

その結果、まだ43歳なのに、シワだらけになった肌は無惨にも垂れ下がり、まるで老婆のようだったそうです。

美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―
美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―

ある日、そんな佐伯チズさんを心配して来てくれた友人が「そんな姿じゃ、天国でダンナさんが悲しんでいるんじゃない。きれいなあなたのことが好きだったんでしょ。」と言いました。

そのとき、佐伯チズさんの脳裏に映ったのは、生前に夫が言った「75歳になっても手をつないで歩けたらいいよね。そのときも今みたいにキレイでいてくれよ。」という言葉でした。

そして、佐伯チズさんはまた昔のようにキレイな自分に戻ろうと決意!

しかし、長い間、手入れを怠ってきた肌は、もはや手遅れな状態にも思えました。

さらに、夫の治療費で貯金はすべて使い果たしていました。

それでも、佐伯チズさんは夫との約束を果たすために、家の中にあるモノと自分の手だけを使い、毎日、肌の手入れをし続けました。

すると、ひどい状態だった肌が蘇りました!

そして、その噂はファッション業界まで広がり、SHIHO(シホ)や小泉里子といった一流モデルたちも、佐伯チズさんが生み出したたった3分間の美容法のとりこに。

佐伯チズさんのプロフィール

佐伯チズさんは、美容の世界で47年。

今も現役のエステティシャンとして、年間2000人以上の肌に触れ、200人以上の後輩エステティシャンを世に送り出した美肌の神様。

年齢、性別問わずに支持されている佐伯チズさんの美容法で一番有名なのが「ローションパック」。

ローションパックは、きちんとしたやり方を身につければ、お金をかけずに自宅で誰でも簡単にできる美容法です。

しかし、ほんの少しやり方を間違えただけで、本来の効果が出にくいこともあります。

佐伯チズのローションパックの手順

(1)大判のコットンを用意して、水に浸し軽くしぼり、そのコットンに普段使っている化粧水を垂らす。

(2)そして、1枚のコットンを3枚に割き、伸ばしてから口・鼻・目の部分に穴を開ける。

(3)3枚を顔の上部・中部・下部とずらしてパックする。

佐伯チズDVD 美肌の作法 ~身につけよう!一生モノの習慣~
佐伯チズDVD 美肌の作法 ~身につけよう!一生モノの習慣~

佐伯チズのローションパックを成功させる3つの注意点

(1)水に浸したコットンは、手で握りつぶすようにクシャクシャと丸めてしぼらない。縦長にギュッともしぼらない。

このように絞ってしまうと、コットンの規則正しく並んだ繊維の向きがバラバラになってしまう。

そして、折れ曲がってしまった細い繊維が、肌に必要以上の刺激を与える恐れがある。

コットンは手の平に乗せ、両手で挟むようにしてしぼる。

しずくがポタポタと軽くしたたる程度がベスト。

そして、しぼり終わったコットンに化粧水を何カ所かに垂らす。

化粧水をコットン全体になじませる。このひと工夫がとても大切。

(2)コットンを顔に貼る時に、鼻の回りに浮いたコットンを密着させようと強引に押さない。

鼻の回りを強く押すと、ほっぺたのコットンが浮いてしまい、そこから水分が蒸発し、保湿がまばらになってしまう。

浮いている鼻の回りは、その上からもう一枚コットンを重ねることによって、十分に密閉され保湿状態が保たれる。

(3)パックの時間は3分間。

3分以上コットンを貼ったままにすると、せっかく皮膚に与えた化粧水の水分を反対にコットンが奪い取ってしまう。

佐伯チズ式スキンケア専用 Cコットン フェイスローションパックコットン 30枚 (2箱入り)
佐伯チズ式スキンケア専用 Cコットン フェイスローションパックコットン 30枚 (2箱入り)