O脚の治し方、立っているだけでO脚が治るポーズ

O脚の治し方、立っているだけでO脚が治るポーズ

ひどいO脚で24年間悩み続けていたのに たった1週間で美脚を手に入れ足まで長くなってしまった25歳の魔女(仲谷めぐみさん 25歳)

O脚とは足を揃えて立った時にヒザの内側がつかない状態のこと。

O脚でいると、足が短く見えたり、足が太く見えたりする・・・。

日本人はO脚で悩んでいる人が多い。

O脚がなぜダメかというと、O脚でずっといるとお尻まで下がってくるから。

O脚が治れば、見た目がよくなるだけでなく、足も長くなり身長が伸び、スタイルがよく見えるようになる。

O脚で悩む魔女の一番の悩みは、何を着てみてもバランスが悪く見えること。

レギンスを履いても、足のラインがくっきりと出てしまう。

そこで魔女がO脚を直すために始めたのが、寝るときにタオルで両ヒザがくっつくように縛る方法。

しかし、痛くて全然寝れなかった。

でも、この方法は全くの迷信で、専門家のよると血流の流れが悪くなり、血行不全に陥る危険があるという。

魔女はなんとかヒザがまっすぐに見えて、笑われない歩き方を見つけようとウォーキングの教室に通った。

ウォーキングの先生は、魔女がO脚で悩んでいることにすぐに気づき、歩き方ではなく、何人かO脚が改善された方法を魔女を教えた。

その方法とは、ただ立っているだけ。

O脚の治し方、5分間立っているだけでO脚が治るポーズ

(1)壁に頭と背中をくっ付け「気を付け」の姿勢をとる。

(2)つま先を「ハの字」に開く。

(3)骨盤を前に出す感覚で、おへそを壁に押しつけるようにお尻をキュッと締めて力を入れる。

(4)この時、重要なのが壁とウェストの隙間。ここに拳が入るくらいの隙間ができてしまったら、手のひらがやっと入るくらいの姿勢をとる。頭が壁から離れないことにも注意。

(5)このポーズを5分間キープする。1日3回やる。歯を磨きながらやってみたり。


魔女はこの方法で1週間でO脚が治って、足まで長くなった!

整形外科の先生によると、このポーズよって骨盤が本来の自然な位置に改善したと思われるとのこと。

O脚になる原因はいくつかあるが、足を組んだりするなど姿勢が悪いことが原因で引き起こされたO脚の場合に、このポーズが効果的と考えられる。

お尻に力を入れるこのポーズをとることで、股関節を外に開く部分に筋肉が付き、前傾していた骨盤が元の位置に戻る作用が働き、よりO脚矯正に効果があったと先生は分析した。

O脚に悩む番組スタッフ4人で試してみたところ、そのうちの1人が1週間でO脚が改善した。

そして、もう1人はその後、9日間継続したら、少しだけO脚が改善された。

残りの2人には効果がなかった。

http://美脚になる方法.jp/