100万人に1人の皮膚病「尋常性乾癬」をドクダミ風呂で治療、どくだみの効果

100万人に1人の皮膚病「尋常性乾癬」をドクダミ風呂で治療、どくだみの効果

重度の皮膚病で「化け物」と呼ばれたのに、どこにでも生えてるあの雑草のおかげで美肌に大変身した36歳の魔女」(山田奈々さん 36歳)

魔女が大学に入学した頃(18歳)、肌に虫刺されような腫れ物ができる。

しかし、この虫刺されと思っていたものが、こぶし大に赤くただれるようになってしまった。しかも、顔以外の全身に。

この日から魔女は、大好きな洋服が着れなくなり、外出する時はいつも長袖に長ズボン。

ある日、大学の同級生に肌のただれを目撃されると、「化け物」と呼ばれるようになってしまった・・・。

どくだみ化粧水 500ml
どくだみ化粧水 500ml

病院に行くと、医者は「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)」だと言う。

尋常性乾癬は白色人種系に多く見られる病気で、皮膚が赤くただれて盛り上がり、ポロポロとはがれ落ちるという病気。

日本での発症頻度は100万人に1人と言われ、原因は未だに解明されていない。

しかも、病気の進行を抑える薬は1ヶ月で3万円と高額。

その後、魔女は肌に良いというものや治療方法は、何でも積極的に試していった。

しかし、なかなか効果は現れなかった。

そして、18歳の時に発症し治らないまま、魔女はすでに30歳を超えていた。

ある日、田舎に住むおばあちゃんの家に遊びに行く魔女。

おばあちゃんは魔女が田舎にいる間ずーと、黒い液体を肌に塗り続けてくれた。

すると数日後、肌のかゆみが引くのを感じた。

おばあちゃんに黒い液体の正体を効くと、庭に生えている草を指さす。

この草は「ドクダミ」だった。

ドクダミは、保湿・毒出し・美肌と様々な効果が期待できる、見た目も匂いも強烈な薬草。

魔女は庭に生えている「ドクダミ」を刈り取り、自宅に持って帰り乾燥させ、布で包み込み、お風呂の中に入れた。

どくだみには解毒作用はもちろん、肌本来の力を取り戻す効果が期待できると言われ、薬湯としても使われている。

そして、魔女がドクダミ風呂に入り続けると、徐々に肌の腫れがおさまってきた。

そして、3ヶ月後、魔女は15年ぶりに大好きなミニスカートを履いて街を歩くことに!

草花木果 洗顔石けん・どくだみ 医薬部外品 100g
草花木果 洗顔石けん・どくだみ 医薬部外品 100g

草花木果 化粧水・どくだみ 180ML
草花木果  化粧水・どくだみ  180ML