整形メイクの達人タムタム直伝!小さな目をデカ目に変身させるメイクのテクニック

整形メイクの達人タムタム直伝!小さな目をデカ目に変身させるメイクのテクニック

「目が小さいだけで仕事がもらえなかったのにメイクの天才に出会ったおかげで目の大きさが3倍に!「デカ目の神様」と呼ばれるようになった魔女」(福長 優さん 22歳)

魔女は自分の小さな目にコンプレックスをもっていたが、整形メイクの達人タムタムに出会ったおかげで、「デカ目の神様」と呼ばれるほどのデカ目に大変身!

小さな目をデカ目に変身させるメイクのテクニック

(1)目の上のアイラインは、目頭から目尻まで引き、4ミリ程度はね上げる。これは、最近の流行でやっている人も多い。

(2)ポイントは下のアイライン。目尻の真ん中から外側に向かって、目のキワから2ミリくらい下に離して引く。目とアイラインに2ミリほどの隙間を作る。こうすると、白目が大きく見える。

(3)目の横幅が狭い人にオススメなのが、目頭(鼻に近い方の端)のアイライン。「く」の字を書くように、アイラインを足す。

(4)マスカラを塗る。

(5)上のつけマツ毛を付ける。

(6)そして、これがデカ目テクニックの1つで、つけマツ毛をもう1枚付ける。使用するのは目尻用つけマツ毛。目尻よりも2ミリくらい外にずらしてつける。こうすると、はね上げたアイラインとつけマツ毛が馴染んで、目の横幅が自然に広がったように見えてくる。ノリの付け方にもポイントがある。ノリはつけマツ毛全体に付けるのではなく、外側と内側の2カ所だけ。真ん中にはノリを付けないことによって、つけマツ毛の真ん中に遊びができ、まぶたと閉じてもつっぱらず、さらにはずれにくくなる。

(7)最後のデカ目テクニックは、下のつけマツ毛の種類と付け方。使用するつけマツ毛は幅2ミリ程度のものを2つ。付ける位置は、(2)で目のキワよりわざと外して引いた下のアイラインの上に1つ付ける。2つ目もちょっとだけ隙間を空けて付ける。こうすることによって、目が縦に大きく見え、垂れ目効果も出る。


タムタムさんの本ではありませんが、こんなデカ目テクニックの本も販売されています!

樋口メソッドI デカ目テクニック (樋口メソッド 1)
樋口メソッドI デカ目テクニック (樋口メソッド 1)