紫根(シコン)エキスで作ったオリジナル化粧水で肌のシワやシミを除去

紫根(シコン)エキスで作ったオリジナル化粧水で肌のシワやシミを除去

30代から更年期障害になり見た目がおばあさんに。それでも1回5円家で作れる化粧水でお肌が20歳若返った55歳の主婦魔女(梅田桂子さん 55歳)

紫根(シコン)で作ったオリジナル化粧水

24歳で結婚した魔女は、2人の娘の恵まれ、娘にとっても美人で料理が上手い自慢の母だた。

しかし、38歳を過ぎたある日のこと、突然、強いめまいが魔女を襲った。さらに、激しい動悸も起こった。

この日から、魔女の体に様々な異変が現れ始めた。

体が震えて物も満足も持てず、夜は体が熱くなり汗が止まらず、眠れない日々が続いた。

病院に行くと医者は「おそらく更年期障害です」と言う。

更年期障害

更年期障害とは、女性ホルモンの分泌が減少する50代の女性に多い症状。

ところが、最近ではストレスや過度なダイエットが引き金になり、20代でも更年期障害のような症状が現れる人が増加している。

魔女もその一人だった。

ホルモンバランスの崩れた魔女の肌は荒れ、シミだらけに・・・。

たるんだ目尻には、深いシワが刻まれ、まるでおばあさんのよう・・・。

「きれいなお母さん」と言われた、かつての面影はなかった・・・。

精神的ショックから髪がたくさん抜けた・・・。

体調も精神状態もボロボロになってしまった。

ある日、料理中に手に火傷をした魔女は、火傷をした部分にある薬を塗った。

すると、数日後にすぐに治ってしまった。

その薬とは、魔女が子供の頃から母親に教えられ使っていた薬草から作られた薬「紫雲膏(しうんこう)」。

紫雲膏(しうんこう)

紫雲膏(しうんこう)は、日本北部の山野にごくわずかに生えている「ムラサキ」という草の根「紫根(しこん)」を元に考案された薬。

考案したのは、江戸時代に世界初の麻酔手術で乳ガンの手術に成功した天才外科医・花岡青洲(はなおか せいしゅう)。

そして、魔女はこの紫雲膏(しうんこう)について調べてみることに。

紫根(シコン)

すると、紫雲膏の原料となっている紫根(シコン)は、化粧品にも使われていることが分かった。

紫根(シコン)は、一流化粧品メーカーのアンチエイジング用コスメの原料にもなっていた。

紫根(シコン)は、シミやくすみを改善する効果があるという。

紫根(しこん)は昔から生薬として有名で、紫根エキスは肌の治癒力を高めていく作用がある。

※生薬(しょうやく)・・・天然に存在する薬効を持つ産物から有効成分を精製することなく体質の改善を目的として用いる薬の総称。


そこで、紫雲膏(しうんこう)を顔のシミに塗ってみたが、軟膏になっているため、ベタベタしすぎてしまった。

そこで、魔女は原料である紫根(シコン)を探してみることに。

名だたる一流化粧品メーカーが使っているとあって、なかなか手に入らないと思ったのが、漢方薬を扱っているような薬局やインターネットで取り寄せることができた。

シコンエキスの元 紫根(乾燥紫根) 300g
TV放映後大ヒット シコンエキスの元 紫根(乾燥紫根) 300g

紫根(シコン)エキス 10g 日本製
紫根(シコン)エキス 10g 日本製

紫根を使ったオリジナル化粧水の作り方

そして、魔女はこの紫根(シコン)を元をオリジナルの化粧水を作った。

(1)紫根(シコン)15gを300ccの水に入れる

(2)弱火で15分をほど煮詰める

(3)茶こしでこして、冷ます

お手入れ簡単!二重アルミ構造の茶こし
Coo Foo Goo ティーストレーナー ZC-7233

この段階で、煮詰めた液体は薄紫色に。

こうして作ったオリジナルの化粧水を、シミの気になる肌や髪の毛が薄くなった頭皮に朝晩塗っていった。

すると、1ヶ月後にはシミやシワの様子が明らかに変わり、やせ細った髪にはツヤが!

こうして、魔女は見た目の自信を取り戻し元気になり、少しずつ更年期障害の症状がやわらいでいった。

そして、紫根を使ったオリジナル化粧水を使い続けた魔女は現在55歳なのだが、肌年齢を計ってもらうと30代の肌に若返り!

実年齢より20歳も若い、ムキ卵のようなツルツルに肌になりました。