ポールの上に寝っ転がるだけのダイエットで、1年でマイナス30キロ減量

ポールの上に寝っ転がるだけのダイエットで、1年でマイナス30キロ減量

『ボンレスハム』と呼ばれるほど超おデブだったのに寝っころがりダイエットで30キロやせた37歳の魔女」(大西仁美さん 37歳)

太った原因:
オーストラリアのホームステイ先での食事の量が多すぎた。

痩せた方法:
寝っ転がりダイエット。

ポールの上に寝っ転がるだけのダイエット

太ってから痩せるまでのストーリーは以下の通り!

魔女の父親は医者だったがボランティア活動をやっていたので、裕福ではなかった。

魔女は留学したいと思ったが金銭的に余裕がない・・・。

そんな時、無償で受け入れてくれるオーストラリアのホームステイ先と出会った。

そのホームステイ先の夫婦は、体重100キロを超える巨漢夫婦。

魔女はホームステイ先の夫婦と仲良くやっていくことが、留学が上手くいくかどうかの分かれ目だと思っていた。

しかし、巨漢夫婦の食事はハンパない量だった。

1kgの巨大ステーキは4000カロリー。さらに、バターたっぷりのマッシュポテト付き。

翌日のバーベキューも猛烈な量。

魔女は巨漢夫婦と仲良くやっていきたいと思い、残すことなく無理してすべて食べるようにした。

また、食事も文化を知ることだと考えるようになっていた。

しかも、一歩街に出れば、すごい食べ物が溢れていた。

魔女がオーストラリアでハマッた食べ物は、アルティメットダブルバーガーという超大型ハンバーガー。

日本のハンバーガーの4倍のサイズで、1300キロカロリーもあった。

さらに、スーパーで売っているホイップクリームにもハマってしまい、ホイップクリームをそのまま直飲みするようになったしまった・・・。

その結果、たった半年で体重は50キロから70キロと20キロも太ってしまった・・・。

そして、留学から1年して日本へ一時帰国。

しかし、空港まで迎えに来てくれた両親は、魔女が太りすぎていて気付かなかった。

弟には「誰!?ボンレスハムかと思った・・・。」と言われてしまった。

それもそのはず。この頃の魔女は、日本を旅立つ前と比較して、30キロも体重が増えていた・・・。

夏休みが終わり、オーストラリアに戻ると、クラスメイトからは「横綱」と呼ばれるようにまでなってしまった・・・。

ここで、魔女はダイエットを決意!

まずは、ジョギングからはじめたが体重は減らなかった・・・。

そんな時、テレビを観ていると、魔女の人生を変えてくれる出会いが!

魔女がテレビでトーク番組を見ていると、ハリウッド女優のジョディ・フォスターがゲストで出演していた。

番組の司会者が「いつ見ても綺麗だね。どうやったら、その体型を維持できるんですか?」と尋ねた。

すると、ジョディ・フォスターは「痩せる体質には誰だってなれるの。そうそう、寝っ転がっているだけの良い方法があるわ。」と答える。

そして魔女は、その寝っ転がっているだけというダイエット方法を徹底的に調べた。

寝っ転がりダイエットのやり方

寝っ転がりダイエットとは、背中の肩甲骨(けんこうこつ)の周りにある痩せやすい体質を作る褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)を集中的に刺激する方法。

やり方は簡単で、ポールの上に寝っ転がり、ゴロゴロと転がるだけ。

LPN ストレッチポールEX
LPN ストレッチポールEX ブルー LPN0011

プレミアム ボディ vol.4 リセット&コアコンディショニング [DVD]
プレミアム ボディ vol.4 リセット&コアコンディショニング [DVD]

このポールを使ったエクササイズは、現在、スポーツ医学の世界でも注目されている。

背中をポールに乗せ、腕や脚を軽く開いて閉じるだけのエクササイズで誰でもできる簡単なもの。

コツはポールの上に乗り、肩甲骨周りを浮かせて、腕や脚を大きく動かすこと。

すると、褐色脂肪細胞を強く刺激して、痩せやすい体質を作るという。

特に、日本人は普段から猫背になりやすく、リンパの流れが悪くなるので、ヒジを後ろに回して肩甲骨を絞めるようにしてぐるぐる回す。


魔女はこの寝っ転がりダイエットを毎日10分やった。

すると、今までのダイエットや食事制限だけではそれほど減らなかった体重が、みるみると落ち始め、1年後には30キロも体重を減らすことに成功した!

その後も、この寝っ転がりダイエットを続けた魔女は、37歳になった今もその体型を維持しています。


離婚したい 決断・手続きする前に考えたい離婚のこと

痩身エステのお試しで3キロ痩せ